おでこの美しい女性

おでこの形は、その人の見た目に大きく影響を及ぼします。
素敵なデザインにすることで、楽しめるヘアスタイルも大きく変化するのです。

では、どのようなにおでこをデザインでするのが良いのでしょうか?

おでこを美しくみせたいなら、おすすめのデザインは「丸型」か「山型」

丸型のデザイン

丸型のおでこ

今一番人気のデザインです。
おでこの生え際が弧を描くアーチ状になっているのが特徴。

女性らしい優しいイメージで、親しみやすさも演出できると人気。
芸能人で言えば安室奈美恵さんのような感じ。

ただし、おでこを広くしすぎにはご注意を!
やり過ぎると、顔が大きく見えやすくなってしまいます。

山型のデザイン

山型のオデコ

昔から美人の額として人気が高いのが山型のデザインです。
富士山のような形から、別名「富士額」とも呼ばれています。

昔から美男美女の象徴と呼ばれ、品のある印象で、周りの人から好感を集めることができます。
芸能人で言えば、藤原紀香さんや成海璃子さんのような感じ。

最近では丸型の方に人気をとられているようですが、まだまだ高い人気を誇っています。

その他のデザインは?

M字型のおでこ

その他にあるデザインはM字型というものがあります。

このデザインは知的で頼りがいのあるイメージが出るので、社交的でリーダー的な存在向き。
同性から好かれる代わりに、キツイ印象を与えることもあるので、男性ウケはイマイチかも。

おでこのデザインで注意しておきたいこと

おでこのデザインでは縦と横の幅にも注意しましょう。

おでこのデザインはどちらかと言えば横幅は狭く縦幅が広くが人気です。
ただこれは顔の形によりけり。

縦幅の長いデザインだと、顔立ちがスッとしたイメージになるので、顔が細い人は余計に細く見えてしまう可能性が。

横幅の長いデザインだと、顔が大きく見えることがあるので、顔の大きい人は注意が必要です。

小顔に見せたい人は、あえて生え際を黒く塗るメイクをしている人もいたりするんですよ。

脱毛で無理にデザインにこだわらないで

サロンやクリニックでは、おでこのうぶ毛は処理できますが、生え際の長い髪の毛は処理を断られる場合もあります。

サロンやクリニックの脱毛ではこまかいデザインまで対応するのはなかなか難しい場合も。

だから、本価格的におでこの形をデザインしたいなら、基本的に電気シェーバーなどで整える方が無難です。

エステサロンやクリニックの方法だと、処理してしまったら、その後元に戻すのが難しいので失敗は許されません。

しかし、シェーバーでの処理であれば、すぐまた生えてくるので修正は可能です。

生え際にこだわらず、生え際近くのうぶ毛を脱毛するだけでもおでこを広く見せる効果はあるので、おでこのデザインは慎重に行いましょう。

おでこ脱毛の情報はこちら

まとめ

  • おでこのデザインで人気なのは「丸形」と「山型」
  • 自分の方の形に合わせてデザインを選ぶべき
  • ムリに脱毛でデザインを合わせる必要はない

おでこのデザインは自分の顔の形に合ったものを選びましょう。
憧れの芸能人がいるから・・・だと失敗する可能性もあります。

まず始めは自分で形を整えてみて、デザインが決まれば脱毛などの選択肢をとってみても良いでしょう。