ケノンはおでこに使える?

家庭用脱毛器の中でも圧倒的な人気のあるケノン。

そんなケノン、おでこに使っても大丈夫なのでしょうか?
ケノンは強烈な「ピカッ!」という光が出るので、顔にするのって抵抗ありますよね。


でも、美顔機能もあるから顔に使えそうだし・・・。
脱毛もできて肌もキレイになるなら使いたいなぁ。。。

そう思って、迷っている人も多いでしょう。


この記事では、

  • ケノンはおでこ脱毛に使えるのか?
  • 使う場合には何に注意したら良いのか?

といった、ケノンとおでこ脱毛の関係に迫っていきたいと思います!

ケノンでのおでこ脱毛は自己責任!まゆ毛脱毛器がカギ

全身さまざまな部位に使えるケノンですが、実は目の周りより上はサポート範囲外

ケノンはフラッシュと呼ばれる特殊な光を肌に照射して脱毛効果を得ていますが、このフラッシュが目に直接入るとダメージを与える可能性があるためです。

だから、おでこに使おうと言う人は全て自己責任になりますのでご注意ください


実際にはおでこに使っている人は多いようですけどね(^_^;)

ケノンのサポート範囲
  • 使える部位:目より下の部位(鼻下、あご、首回り、ほほ、もみあげ周辺)
  • サポート外になる部位:おでこ、眉毛、眉間

目や眉毛周辺は、まゆ毛脱毛器で対応できます

安全に目より上を脱毛したいという人は、ケノンの付属オプションである「まゆ毛脱毛器」を使いましょう。

まゆ毛脱毛器

まゆ毛脱毛器はピンセット状になっており、一見すると「ただ抜くだけ?」と思うかもしれませんが、つまんだ毛に微弱な高周波を流すことで脱毛効果を高めるいう優れものです。

1本1本毛をはさんでは電流を流す必要があるため、やや面倒ではありますが、安全で確実に処理することができます。


まゆ毛脱毛器は鼻毛、耳毛も使えますので、意外と便利かも。

  • まゆ毛脱毛器おすすめの部位:おでこ、眉毛、眉間、鼻毛、耳毛



ただし、まゆ毛脱毛器はオプションでいつも付いているとは限らないので、欲しい人は今付属しているか?を公式サイトで確認してから購入するようにしましょう。

今購入できるか?は公式サイトでチェック!!
↓↓↓

ケノン公式サイトに行く

サングラスは必須!

自己責任でも良いから、おでこにケノンを使いたい!という人は、必ず付属のサングラスは着用しましょう。

さらに照射の瞬間には必ず目をつむること。
少しでも目に光が入らないようにすることが肝心です。

髪の毛は避けた方が無難

なお、もちろんケノンは髪の毛はNGです。
おでこの生え際だけでなく、もみあげの毛も同じです。

「おでこを広くしたい」「もみあげを薄くしたい・短くしたい」と思う人もいるでしょうが、髪の毛はその他のムダ毛と全然違う毛質なので、ヤケドなどのトラブルが起きやすく、避けた方が無難です。


うっかりフラッシュが髪の毛にかかってしまうと、ちりちりに縮れて傷むといったことがあります。

また髪の毛に効果が出た場合、元には戻らない可能性があるので、「やり過ぎた!」という時には後には引き返せません。


おでこの生え際やもみあげの調整は、まゆ毛脱毛器を使って抜く方が良いでしょう。

おでこ脱毛するときのケノンのおすすめレベル

ケノンのカートリッジにはいくつかの種類があります。

プレミアム エクストララージ ストロング
プレミアムカートリッジ エクストララージカートリッジ ストロングカートリッジ
照射回数が一番多い。
7.0㎠
照射面積が広い。
9.25㎠
ヒゲ、Vラインなどの剛毛向け。
4.5㎠

プレミアムは最も照射回数が多く、ベースで使うのに最適です。
エクストララージは照射面積が広いので、腕や足などの広範囲を処理するのに向いています。
ストロングはその名の通り他より強力です。


ストロングは顔にはちょっと強すぎると思うので、顔には使わない方が良いでしょう。
面積が広いエクストララージも、範囲が狭い顔の場合は向いていません。
使うなら基本のカートリッジ(プレミアム)を使いましょう。


最初に照射するときは、どのカートリッジであっても照射レベルは1にしましょう

特に顔の皮膚はデリケートですので、いきなり強いレベルで照射すると何か肌トラブルを招くことになりかねません。
問題が無いようなら徐々にレベルを上げていきましょう。


敏感肌の方はレべル3~4で、普通程度の人は5~6、しっかり照射したいという方は8以上辺りを目安にしてみてください。

くれぐれも眉毛や髪を焦がさないように注意です!!

ケノンでおでこ脱毛する時の回数と照射頻度

おでこ脱毛のサイクル

脱毛のしやすさはもともとの毛質や体質、ムダ毛の量によって個人差があります。
そのためこちらで紹介する回数はあくまで目安となることをご理解ください。


ケノンと同じ原理の脱毛サロンではおでこ脱毛が完了する回数は12~18回と言われています。

結構多いように感じますが、おでこのうぶ毛はフラッシュ脱毛では効果が出にくいので、このくらいの回数が標準になります。


ケノンを使う場合、慎重になりサロンより控えめの照射になることも多いので、回数としては1.5~2倍の18~30回程度を見ておく方が良いかもしれません。

期間は1年は見ておきましょう

公式に推奨されている照射ペースは2週間に1回
これは、効果的に脱毛するには、毛の周期にあわせて照射する必要があるためです。

照射の効果は成長期に入っている毛にしかありません。
一度照射した後は、新たなムダ毛が成長期に入るのを待つ必要があるのです。

毛周期を無視して毎日照射しても、肌を傷めるだけで無駄になりますので、注意しましょう。


おでこの脱毛完了までにかかる期間は、2週間に1回ペースで18~30回ということで、ケノンで脱毛が完了するのはおおよそ9ヶ月から1年半となります。

ケノンの美顔器ってどう?

美肌カートリッジ

ケノンの美顔カートリッジには、脱毛カートリッジよりも刺激の少ない光を当てることで、肌のターンオーバーを促進させる効果があります。

美容サロンやクリニックでもIPLフォトフェイシャルとして導入されている技術です。


IPLフォトフェイシャルには肌のターンオーバーを促すことで、シミやシワ・たるみやほうれい線、ニキビやニキビ跡、そばかすやくすみ、毛穴の開き、黒ずみなどさまざまな肌悩みを解決に導く効果が期待できます。

ケノンの美顔カートリッジには脱毛機能はありませんが、ケノン本来の脱毛機能に加え、カートリッジを交換するだけで自宅で手軽にお店並みのフォトフェイシャルを受けることができます。


脱毛を終えた後でも美顔ケアは続けていけますので、しっかりと有効利用していくようにしましょう。

おでこにホクロあってもケノン使って大丈夫?

ほくろのある女性

ケノンの脱毛機能を利用する際は、ほくろ部分は避けて使用することになっています。

これは、ほくろにケノンの光を当ててしまうと黒い部分が過剰反応して、やけどや肌荒れ、シミなど跡が残ってしまう心配がるからです。

ホクロが増える!?

「ケノンを利用したらホクロが増えた!」という口コミも一部ではありますが本当でしょうか?

ケノンの光には、肌のターンオーバーを促す美肌効果もあるので、ケノンでホクロが増えると言うことは通常あり得ません


可能性として考えられるのは、

「既に肌の中で生成されていたホクロが表面に出てきた」

という現象でしょう。


これは肌の生まれ変わりの中での一時的なものであり、むしろケノンで肌のターンオーバーが活性化されて出てきたとも考えられます。

この場合のホクロは、肌の生まれ変わりによってそのうち消えていきますので心配は要りません。

また、脱毛の効果によって肌の表面がくっきり見えて、これまで産毛に隠れがちだった小さなホクロが目立つようになるといったケースもあるようです。

ケノンでホクロが消える?

ケノンの光には直接ホクロを消す効果はありません

ですが、ケノンの光にはターンオーバーを促す効果があるため、古いお肌が生まれ変わることで、徐々にホクロが薄くなると言うのは期待できます

ただし、ホクロへの直接の照射は禁止ですので(美顔カートリッジ含む)、どうしても消したいほくろがある場合は医療機関に相談するほうが良いでしょう。

ケノンはニキビあっても大丈夫?

ケノンの脱毛カートリッジでは、ニキビが悪化してしまう可能性があるので、基本的にニキビに光を当てないように注意する必要があります

また美顔カートリッジのほうも、ニキビのタイプ次第では使用を控えたほうが良いとされています。

特に注意が必要なニキビは赤く腫れて膿を持っていて痛みがあるなど、かなり悪化してしまったニキビです。

ニキビが改善できる?

美顔カートリッジは肌のターンオーバーを促すことで、ニキビ跡を薄くする効果が期待できます

炎症が完全に治まって腫れがひいてしばらく経ってからなら、美顔カートリッジを利用することは可能です。


美顔カートリッジを続けることによって肌の調子が良くなり、ニキビの原因となる皮脂詰まりなどが解消しやすい肌になり、使い続けるうちにニキビができにくく悪化しにくい肌に導くことが期待できます。

もちろん美顔カートリッジのみに頼るのではなく、洗顔によって清潔な肌に保ち乾燥を避けることも大切です。

ケノンで注意!のトラブル

バツをする女性

照射した瞬間目が真っ白に

ケノンは強い光を照射するマシンのため、顔に使用する時は厳重な注意が必要です。

何も対策せずに目の近くでビカッと照射したら、目の前が真っ白に・・・なーんてことも。


まず大事なことは付属のゴーグルを着用すること
人によっては、目の周りをピッタリおおう水泳用のゴーグルを使う人もいるみたいですよ。

またゴーグル等だけでは隙間から目に光が入るので、照射の瞬間は目をつむるようにもしましょう。

毛が生えなくなっちゃった!

ケノンは使い続ける間に徐々に毛が生えにくくなるので、頭髪の毛根や眉毛に当てないように慎重に行う必要があります。

(「おでこを広げたい」という人も、髪の毛はリスクが高いので止めましょう。どうしてもという人はこちらの記事をご覧ください。)


失敗して照射すると、髪の生え際が脱毛されて生えなくなってしまったり、眉毛が抜けたまま生えない状態に陥ってしまいます。

おでこなどの顔周りでケノンを使用したい場合は、あらかじめ厚めのヘアバンドで毛髪部分や生え際をガードしたり、眉毛もガーゼや剥がしやすいマスキングテープなど、何らかの方法で覆っておくことが大事です。

お肌のトラブル

ほくろや炎症のあるニキビなどが無いかは、事前にしっかり確認してから使うことで、不要な肌トラブルを避けて良い効果のみを得ることができます。


また強すぎるレベルで照射すると、しばらく赤みが引かなかったり、場合によってはヤケドになってしまう可能性も。

そうなると人前に出られなくなって大変です。


顔周りにケノンを使う場合は、他の手足よりも控えめな照射を心がけましょう。
あまり欲張ると良いことはありません。

まとめ

  • ケノンのおでこ脱毛は自己責任
  • まゆ毛脱毛器なら安全におでこや眉周りも脱毛できます
  • おすすめレベルは5~6。お肌に応じて加減を調節。
  • 回数は18~30回で、1年前後を目安に
  • ホクロ、ニキビなどは避けること

ケノンはおでこに使う場合は自己責任となりますので、十分注意して使うようにしましょう。

サングラスなどで目を保護する、髪や眉毛に当たらないようにする、またホクロやニキビなどにも注意が必要など、デリケートなお顔への使用は慎重に。


「自分でするの自信がないかも・・・」と思う人は、サロンやクリニックでおまかせにするという手もあります。

いずれにしろ、一番良いのは理想のキレイなおでこをゲットすることですので、あなたに合った方法で美しいおでこをゲットしましょう!!


↓サロンやクリニックでのおでこ脱毛に興味があるならこちらもチェック!!